【ウディタ17回】世話になってる『ふりーむ』に投稿してみる

ゲーム
スポンサーリンク

 ゲームが完成して三日経ちました。最終テストをして無事クリアまで問題なく遊べそうです。 

 ということで。ウディタで作ったゲームをいつもお世話になっている『ふりーむ』に投稿してみました。やはり恩返しするのが人として当然だと思います。

 そしたら審査するみたいです。投稿したらすぐ公開されるわけではない。だからまだ公開されません。落ちる可能性まである。落ちたらここで公開となります。そしたら誰もやらない。このブログ全然人来ないもん。

ゲームデータ作成

 ということで公開用のデータ作成の話をします。簡単なので文章だけです。

暗号化する

 まずデータを暗号化するのかクールな公開データのやり方です。エディターを本体ごとそのままアップロードはさすがにない。

 その暗号化機能がウディタに搭載されています。『ゲームデータ作成』で『まるごと暗号化』にすればよし。

readme.txtを作る

  次は説明書です。直感で簡単操作が出来るとしても必須です。なぜなら『ふりーむの審査でチェックされる』から。readmeは同梱されましたか的な事を聞かれます。

 まだ受かったことも落ちたこともないので結果は分かりませんが、readmeがないと審査に落ちるかもしれません。

 『かんたんreadmeメーカー』というサイトがありましたが、成果物が気に入らないのでやめました。ウディタ制の似たようなゲームのreadmeを改変しました。まぁこの作業は結構大変です。

圧縮ファイル作成

 そして暗号化したゲームのフォルダにreadmeを入れてzipにするのがクールなやり方です。右クリックの送るに圧縮あります。

 zipはアルファベットの名前に変えたほうがいいです。日本語ファイルをアップロードしてダウンロードすると高確率で文字化けします。相手のサーバー次第なのでこちらで対策出来ません。

ふりーむ投稿

 そしたらいよいよ投稿です。投稿ページに解説が書いてあるのでここに書くことないです。ゲーム紹介文もreadmeをちゃんと書いていればほぼそのまま書けます。

 迷ったのが『動作OS』です。win10でしか動かしたことないです。でも多分7~10の32bitと64bitに全部チェックを付ければいいと思います。根拠は『普通に考えたらそんな感じだろう』と思ったから。合ってるか知りませんが合ってる自信はある。

 あと『年齢制限』も迷いどころです。ホラーは暴力表現があるからね。基準は少年ジャンプに載せてもいいなら全年齢です。首が飛ぶぐらいは良さそうな気がするけどどうだろ。知りません。

 私のゲームは死人が出ますが怖くないホラーなので全年齢にしてみました。バイオレンスのチェックも外しました。

 あと『性的表現が含まれるか』も迷いどころです。やはり基準は少年ジャンプです。パンツが見えても余裕です。おっぱいを服の上から揉むのも問題ない思います。知りません。

 私のゲームには多少のエッチな下ネタが含まれておりますが全年齢にしてみました。性的表現のチェックも外しました。落ちるかもしれない。終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました