【フリーゲームコラム 第28回】お金が欲しい人にお金をあげたい

ゲーム作成
スポンサーリンク

 さて。フリーゲームクリエーターは教祖となる作戦が進行しております。それで。そろそろお金の話は終わりです。思いつくことを一通り書きました。

 なのでテーマを変えるか一旦休止します。ゲームも全然作ってないし。コラムを書く方が面白いからこっちばっかりやっています。ゲーム制作はサボりまくって続かないので向いてないかもしれません。

 ということで最後のまとめをやります。それはズバリ『お金が欲しい人にお金をあげたい』コレです。お金が欲しいなら『お金ください』と言ってください。

お金あげたくない

 ここで衝撃の事実です。世の中のすべての人はタダで他人にお金をあげたくないです。支援なんか普通はしません。

 『テレビで芸人の漫才を見てメチャクチャ面白かったからお金をあげたい』と思う人はいません。それと一緒です。『フリーゲームがメチャクチャ面白かったからお金をあげたい』と思う人はいません。

 だから『面白いフリーゲームさえ作ればお金がもらえる』と思ったらそれはそれは大きな大きな間違いです。払う必要がないもんは払いません。

お金が欲しい人にならあげてもいい

 なのでお金が欲しいなら『お金くださいアピール』をしてください。何も言わないと絶対くれません。『しょうがないなぁ……』を狙います。

 別にお金が欲しくない人にお金をあげるためにわざわざ労力を使う人はいません。『この人にお金をあげるためにはどうすればいいんだろう?』と悩む人はいません。そっちからアプローチしないなら動きません。

 投げ銭箱を用意して『面白かったらお金ください励みになります!』とお願いしましょう。そこまでするなら『よし頑張れ!』と100円くれる人が現れます。

 貰ったら励みになる人がいるのなら、励みになるからあげたいです。人助けです。気分がいいです。充実感と優越感を金で買いました。良い買い物でした。

 別にお金が欲しくない人なら別にあげる必要はないです。お金を貰わなくてもモチベーションが保てるなら気に掛ける必要はないです。その人にお金をあげても何も効果がありません。お金を無駄に捨てるだけです。

みっともなくて言えない

 『お金くださいアピール』が恥ずかしくて言えない人も世の中にはいるでしょう。でもそれは有名人になりたいなら乗り越えなければいけない壁です。

 『有名人で生計を立てる』イコール『投げ銭を貰う』です。『商品を買う』じゃなくて『特定人物の行動発言にお金を払う』はすべて投げ銭です。

 『お金くださいアピール』が出来ないならその仕事は無理です。有名人になる資質がありません。商品を作る仕事をやってください。

 きっと世の中には『お金くださいアピールしてるやつみっともねーw』と思う人もいるでしょう。その人はアピールしようがしまいがお金を払いません。客じゃないから言わせておけばいいです。

お金欲しいくせに『お金欲しくない』というやつ一番ダサい

 何が一番かっこ悪いかと言うとコレです。投げ銭とかグッズ販売とか一通りやっておいて『別にお金のためにやってるわけじゃない』と言うやつです。コレだけは回避しておきたい。

 かっこつけがバレバレです。見ていてイタいです。ダサいことを言ってるのが何で自分で分からないのか不思議です。まぁ強がりを言うタイプです。かわいい女の子だったら需要あります。ラノベのヒロインだったら一番人気です。

 しかしながら。『自分ではわからない』という現象はよくあります。ダサいことやってると早く気づかせてあげたいです。他人が同じことをやっているのを見ると気づくと思います。

いじられ役に向いている

 ちなみにこういうダサいことが出来る人はいじられ役に向いています。芸人で言うとクロちゃんやナダルのポジションが出来ます。パイオニアは出川さんです。

 ダサいことを言ってバカにされて言い訳でずっと逃げ続けるのをみんなで追い詰めたりすると盛り上がります。優秀なエンターテイナーです。なかなかできる人はいません。出川さんの凄さを知らない芸人はいません。

 クロちゃんも半分は演技ですよ。性根がクズでクズの素質はありますが、仕事の時は嫌われ者を買って出て嫌われそうな行動発言を選んでいます。

 クロちゃんは世間では嫌われているので外を歩いている素人に絡まれたりします。素人のヤバいやつだったら警察に行くべきですがもしかしたらドッキリかもしれません。ドッキリなら警察に行くわけにはいきません。なぜならプロだからです。

 そこはギリギリまで判断しないといけません。ドッキリなら自らクズ発言をする必要があります。素人のヤバいやつならクズ発言をすると命の危険があります。高い精神力と判断力が要求されます。大変な仕事です。クロちゃんはそれをこなしてきたから人気を勝ち取りました。

 お金欲しいくせに『お金のためにやってるわけじゃない』と平気で言える人はそのポジションになれる素質があります。ダサい発言が思いつく段階はクリアです。あとは開き直って需要に答えるだけです。

いじられ役になりたくない

 さて。突然いじられ役を勧められましたが、そんなのにはなりたくないです。かっこ悪いです。クロちゃんを否定するわけではありませんが出来ればセンスの人になって尊敬されたいです。

 『ダサい発言が出来る』『バカにされたら怒る』『図星を突かれても言い訳で逃げ続ける』これが出来れば立派ないじられ役ですぐ人気者になれますが、やりたくないもんはしょうがないです。

 だったら思い切ってその本心をみんなに言ってやりましょう。『お金欲しい』って。『お金が欲しくてゲームを作っています』って。言わないとお金はもらえません。言えば楽になります。

バカにされたら怒る人だけいじってよし

 ちなみに。怒らない人をバカにしてはいけません。ゲームをバカにされたり酷評されたら仕返しで誹謗中傷をするぐらいの人がいじられ役に適しています。

 まず。いじった後の反応がないと面白くないです。燃料がないと追撃できません。いじったらガンガン言い返してきて欲しいです。誹謗中傷返しとか最高です。やっちゃいけないことをやってくるなんて立派なクズでいじり甲斐があります。罪悪感なくいじれます。

 そして。怒らない人を悲しい気持ちにさせるだけのいじりはただのいじめです。それをやるとこっちがクズになります。そんな光景はエンターテイメントじゃありません。寄ってたかって一人を嫌な目に会わせるだけなんて見つけたら軽蔑します。怒らない人には謝ってください。

 怒った人には追撃です。そのままみんなで痛いところを突きまくって人気者にしてあげましょう。その人にお金が入ることが目的です。いじめはダメ。

お金が欲しい

 ということで。フリーゲームクリエーターのみなさまは『お金が欲しい!』とみっともなく公言することが決まりました。恥ずかしいことこの上ない。

 それでも言います。堂々と。なぜならそれが社会貢献だからです。たくさん稼いでたくさん税金を払ってやりましょう。無料で遊んでいるだけのやつらよりはるかに立派です。

 そこで問題は『何と言うか?』になります。出来ればスマートに言いたいです。あんまり必死に言いたくないです。お金欲しいくせに『お金のためにやってない』という人の次に必死な人がダサいです。

励みになります

 基本はこれだと思います。『モチベーション維持のために支援をお願いします』です。これを言っている人が一番多いです。

 『一番多い』のならば『テンプレ』の可能性が出てきます。『これを書くのが決まりです。だから私も右にならえで書いただけです』というスタンスをカモフラージュすることが出来ます。

 例えばゲームの紹介ページに『※ 誹謗中傷や作品の世界観を壊すものはお控えください』みたいな文言が良く書いてあるじゃないですか。アレはテンプレです。ほとんどの人が意図的に書いているわけではなくてよくある紹介分の見本をコピーしているだけです。

 本気でやめて欲しいと思って書いている人はあんまりいません。もし本気で思っている人は法律を勉強したほうがいいです。知らないクセに他人を犯罪者扱いするんじゃないよ。大変失礼な行為です。

 誹謗中傷してる人なんて見たことないです。だって誹謗中傷は犯罪ですよ。ヤンキーだって体をぶつけるぐらいは大丈夫だけど手を出したら傷害事件だと分かっています。簡単には人を殴りません。やっていいことと悪いことは分かっています。

 それと一緒です。ほとんどの人が『そこまで言ったら誹謗中傷。言っていいのはここまで』と分かっています。だから誹謗中傷する人なんて滅多にいないので『※ 誹謗中傷や作品の世界観を壊すものはお控えください』は書くだけ無駄な文言です

 しかしながら。紹介文を書くときにテンプレをコピーしたらついてきたのでわざわざ消すほどの事でもないし念のために残しているだけです。ほとんどの作者さんが気にしていません。気にしないほうが大物っぽくてかっこいいです。

 そんな感じで『モチベーション維持のために支援をお願いします』とよくある文言を書いておけば『せっかくだから書いてるだけですよー』とかっこつけることが出来ます。

お願いはしない

 『投げ銭はここです』とurlを書くだけのスタイルです。それ以上何も言いません。『お金が欲しい』はみっともないし『欲しくない』はダサいのでどっちも言いません。お礼も言いません。

 アイドルはCDを買ってくれた豚どもにお礼を言いますが、アーティストは何も言いません。ロックバンドはファンにタメ口でファンが敬語です。

 フリーゲームクリエーターはかっこいいのでアーティストスタイルを真似するのもアリです。かっこいいクリエーターは『お前ら金を払うんだったらここだ!』と指示するだけです。

 もしアイドルを目指しているのならお願いしてお礼を言うのもいいです。かわいいイラストと声のvtuberはこっちです。カワイ子ちゃんは下から攻めるのがセオリーです。

必死に言う

 さて。冗談はここまでしておきましょう。だって最初に言ったじゃないですか『支援なんか普通はしません』ってさ。励みになるとか知らねーよ。

 『これに人生賭けてます!』ぐらいの勢いで行かないとあげる必要がないお金なんかあげられません。なのでここは思い切って必死にアピールです。ファンには人助けをさせます。人助けをする気がない人はどうやってもお金をくれないので無視していいです。

 少しでも人情を持っている人に『ニートです。生活に困っています。貯金ありません。ゲーム制作が最後の賭けです。誰かお金ください。面白いと思ってくれたのなら』と必死すがりついてください。これが最強です。

 私も老後が不安です。貯金ありません。いい歳で結婚も出来ません。人生が詰んでしまう未来が見えています。誰かお金ください。面白いと思ってくれたのなら。足の裏舐めます。

夢を語ってクラウドファンディング

 やっぱり自分を卑下して必死にお願いするのは嫌です。さすがの私もそんなみっともないマネはできません。ということでラストは最近流行りのクラウドファンディングです。

 大きな夢を語って寄付してもらいましょう。その夢が実現するのを見たい人たちからお金を集めます。頭を下げるのではない。『お前ら俺についてこい。夢を見せてやる』と大口をたたきます。これなら割とかっこいいです。

 クラウドファンディングは寄付なので返さなくていいです。投資だったら成功したら還元しないといけませんが寄付なのでもらったお金は100%自分のお金です。成功しても失敗しても責任なし。

 ということで私の夢を語ります。私は人助けと社会貢献が趣味なので夢を語るとしたらそっち方面になります。真面目に世のためになることがやりたいです。

 ということで私の夢は『ニート撲滅』です。ニートは税金を払わないし消費も少ないし結婚も出来ないし世界経済的に社会のゴミです。まとまったお金を寄付していただけたらニートを皆殺しにしてやろうと思います。

ニートをスカウト

 ということでニート殲滅作戦の具体的な方針を発表します。それはズバリ『ニートをスカウトして仕事を斡旋』です。ニートを確保して労働施設へブチコミます。

 ニートはおそらく自分で動きません。『ニートの就職を手伝います!』と言っても応募するニートはいません。『職業訓練学校を作りました。さあおいで!』とハガキを出しても部屋から出てきません。

 だから捕まえに行きます。『お前ニートだろ? 悪いようにはしないからおじさんについてきなさい。ぐへへw』と直接会って交渉します。

 でも強制はできません。断ってもいいです。ただのスカウトです。でもあきらめずに何回も交渉に行きます。絶対見捨てません。という会社を作るのが第一段階です。

面接なし企業にぶちこむ

 ニートの中には『面接に受からなくて働くのをやめた人』がいます。初対面の人と会話をするのが苦手なのに、そこから圧迫面接をされたらどうしようもありません。面接に全部落ちます。そして無職期間が長いとドンドン就職が不利なって気づいたら手詰まりです。

 だからニートに就職させようとしても面接に受かりません。そんな面接に受からないニートの中にも仕事は普通に出来る人はいます。

 だってそもそも仕事が出来るかどうかの判定を面接官にはできないからです。面接はその時の個人のフィーリングで〇×をつけてるだけの茶番です。仕事が出来るかどうかは関係なく面接が苦手な人は落ちます。

 しかしながら。便利な世の中になりました。この世には『面接なしで受かる企業』というのが存在します。多分働きたい人がいないんでしょうね。受かってもすぐ辞めたくなる企業なんでしょうね。

 そんな企業に捕まえてきたニートをぶち込みます。すぐ辞めるかもしれませんが働かないよりマシです。働きさえすれば職歴が付くので次の就職に有利です。という会社を作るのが第二段階です。

面接が苦手なだけで実は優秀

 ニートの中には『面接が苦手なだけで実は優秀な人』がいます。私の同僚に『え…あの…』と基本的にまったく会話が出来ないのにシステム開発はまともに出来る人がいます。絶望的にコミュ力が低いけど誰の足も引っ張っていません。優秀です。

 逆に誰とでもハキハキしゃべれるけど作ったシステムがバグだらけで困ったちゃんもいます。まぁそういうのは結局いろんなタイプがいるわけですよ。面接だけでは分かりません。働かせてみないと分かりません。

 だから面接なしで働かせます。すると優秀なニートが何人か発覚します。そんな優秀なニートを面接なし企業でいつまでも働かせるのはもったいないじゃないですか。

 しかしながら。その優秀なニートが上を目指すために転職しようと思ってもおそらく面接で受かりません。なぜなら面接が苦手でニートになったからです。だからその後の転職まで面倒を見ます。という会社を作るのが第三段階です。

儲けがない

 ということで私の夢を語りました。実現するためにお金をください。一口3000円です。と言いたいところですが。私の夢には問題点があります。お金を振り込むのはちょっと待ってください。

 その問題点とはズバリ。『儲けがない』コレです。ニートをターゲットにした商売をしてもお金が入りません。

 要は『ニート特化の就職エージェントをやる』ということですが、就職エージェントの売り上げは就職が決まった時に企業から年収の数%をいただくことです。

 ニートが就職しても年収は少ないし、ニートを無理やり押し込む企業にそんな大金は払えないし、ニートを就職させるのは大変で経費も大きいです。儲けがないです。

 だから現状で誰もやりません。立派な企業は儲けがない社会貢献や人助けなんかしません。ニートを無理やり就職させる作業をやるぐらいなら被災地に寄付して社長が笑顔でインタビューを受けるほうが楽チンで効果的です。

現実的な夢を語ります

 ということで。冗談はここまです。もうちょっと現実的な夢を語ります。実はわたくし。ずっと前からやりたくてもやれなかったことがあります。それはズバリ『パチスロ日記』です。その前に。ここからパチスロの話になります。知らない人は置いていきます。

 それで。毎日パチスロを打って立ち回りの理由と収支を報告したり、新台を打ってみた感想を書く日記を書きたいです。これをやりたいけど暇と金がないです。

 まずパチスロは朝から打った方が勝率が高いです。高設定を見つけて長時間粘るのがパチスロで勝つ一番の定石です。打つ時間が長いほど勝率が上がります。勝てない日はさっさと帰ります。

 でも今の私には朝から閉店まで打つ暇がありません。だから勝率が下がります。そして私は『勝てない日はさっさと帰る』が出来ません。高設定を見つけても長時間打てないし、見つからなくてもなんか打ってしまいます。

 なので今パチスロ日記を始めたらおそらく負けます。一週間で軍資金がなくなります。だから誰か軍資金をください。100万円はすぐなくなる可能性がありますが、1000万円あれば何年か続けられると思います。

 そもそも勝ち方は知っているので1000万円あれば逆に増えるかもしれません。増えたら1000万返してもいいです。負けたら返しません。誰か1000万円ください。夢を見せてあげます。終わり。

次回

しばらく続きはないと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました