三作目『学校の四十不思議』が公開されました

ゲーム
スポンサーリンク

 三作目が完成して一旦寝かせてテストもしたのでふりーむに投稿しました。それでさ。昨日の夜投稿したらもう公開されていてびっくりです。いつもは2、3日かかります。

 ふりーむの運営さんがこの時期暇なのでしょうか。暇な時期に公開されると新着に長く掲載されるのでラッキーかもしれない。

ダウンロード(ふりーむ)

ゲーム紹介

 気づいたら深夜の学校にいて帰れなくなっています。玄関のドアが開きません。きっと幽霊の仕業だ。だから学校をウロウロして幽霊を探すゲームです。

 音楽室に幽霊がいました。遭遇しただけでは発見にならないので発見します。まず目の前に立ちましょう。

 メニューの幽霊情報から幽霊発見をします。ここは音楽室なのでコイツはおそらく『音楽室の幽霊』です。

 正解しました。間違うと無反応です。こうやって幽霊をドンドン探していくとそのうちクリアです。

 ちなみにこのゲーム。プレステの2000年辺りに発売された『UFO』というやゲームからインスパイアしました。『次はUFOみたいなゲームを作ろう』という発想が最初です。

ボリューム

 サクサク解いて一時間半ぐらいで学校を脱出できます。エンド2を目指すならプラス30分です。と言いたいところですが。エンド2に行くための幽霊はちょっと難しいです。こっちのほうが時間がかかるかもしれない。

 要は『前半は簡単だけどストーリー性があって文章多め』『後半は会話が少ないけど謎がムズイ』だから逆転現象が起きる。という時間のトリックです。

難易度

 難しいと思います。大半は簡単に発見できる幽霊ばっかりですが、ひねった幽霊も何匹かいまして、結局一つ分からないとクリアにならないので、ひねった幽霊に一つハマると詰みます。だから難しいんじゃないでしょうか。

 要は『平均点は90点だけど100点取らないと不合格のテスト』ってやつです。不合格者多いです。難しいテストだと思います。

 ちなみに学校脱出までは簡単です。直感でやって詰む人は少ないと思います。難しいのはクリア後です。

自由度高い

 難易度を上げている要因が『自由度の高さ』です。半分以上はストーリーと関係なく独立した幽霊です。つまりいつでも発見できる幽霊です。そして先に別の幽霊を発見しないと発見できない幽霊もいます。

 『幽霊がいるけど発見の仕方が分からないから後回しかな?』と勘違いしてハマる可能性があります。しかし大抵は見つけ次第発見できます。後回しの方が少ないのでちょっと頑張った方がいいかもしれません。

見えない幽霊

 あと難易度を上げている要因が『見えない幽霊』です。何もない箇所に向かって『幽霊発見』をして正解したら初めて姿を現します。

 これが難易度ランクAです。何匹かいます。分かるヒントは出していますが物凄く心配です。まず『何もない箇所に向かって幽霊発見をする』という行動をみんながとれるか心配です。この発想が出たらそんなに難しくないんだけど。

 そしてヒントから『場所がピンポイントで分かりづらい』です。マスをずらして何カ所か調べる必要があります。という行動をみんながとれるか心配です。この発想が出たらそんなに難しくないんだけど。

 ファミコンのドラクエ2の太陽の紋章よりは簡単です。終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました